フィデリティ証券の投資顧問の開設期間について

投資顧問という言葉がありますが、その業務内容は幅広いものがあります。
個人や法人を問わず、その望む内容によって異なってきます。
一般的には、投資家の仕事は、資産運用と思いがちですが、実はそれだけではなく、多岐にわたっているのです。
通常であれば、個人や法人から資産を預かって、運用することが多いかもしれませんが、これほど投資商品が複雑かつ国際化になってくると生半可な知識では怖くて投資できないと思っている人は少なくないのです。
日本の金利は、ゼロ金利政策の関係もあり、日本の銀行に定期預金としてお金を預けても、ほとんど利息はつくことはありません。このため、日本ではなく、高金利設定の国や中金利設定の国など、ローリスクローリターンやハイリスクハイリターンなど、その運用方針をどこにおくかによって運用方法も変わってきます。高金利を設定している国ではそうしないと資金が集まらないということで、満期を迎えることが出来るのか、為替は安定しているのか、など様々なリスクがあるのです。
資産運用ではなく、企業防衛を目的としている投資顧問もあります。経済取引が複雑かつ国際化など、こうした要因から日本企業を買収しようとする外資系企業も少なくないのです。
話し合いで合併できればいいですが、合併ではなく、資金力に物を言わせて吸収しようとする企業も少なくないのです。ある日突然に買収が始まります。始まってから企業防衛をしていたのでは間に合わないのです。このため、開設期間を問わずフィデリティ証券など、各証券会社では企業防衛としての投資顧問契約を行っています。一昔前の日本では気にしなかった企業防衛ですが、今では多くの企業が契約を行っているのです。

ページトップへ